トミタミトブログvol.78

皆さんご機嫌よう!トミタミトです

「また、お会いできますね」

こんなキャッチで紹介されているのは、こんど開催される、Bunkamura30周年の展覧会「ロマンティックロシア」国立トレチャコフ美術館所蔵のコレクション。
なぜいきなりこんな美術の話題をいきなり持ち出したかというと、年明けの実家での何のことない父との話題なのです。

父は建築などに関わる仕事をしてましたが、同時に美術や絵画にも興味があり、自身でもたまにデッサンなどをしていました。親の事をこういうのもなんですが、図面を引いていた人だけあって、画力はなかなかの物なのです。

そんな父が丁度今のワタクシ、、よりも少し若い頃仕事もとても忙しく、家に帰るのも大体遅いという状況だった中一つの絵に心を奪われたらしく、その絵が
イワン・クラムスコイ 作《忘れえぬ女(ひと)》
という作品だったとの事。

今や大概出不精で、お出かけなどはあまりしない父。
この絵がバックの展覧会ポスターをたまたま目にして「また、お会いできますね」と記してあったのを見て、「コレばかりは観に行きたい」と母に強くオファーをし、出掛けることにしたというお話。

微笑ましい父というのもさることながら、やはり30数年も前に出会った絵画が、その月日を超えて出不精な父をつき動かすという事を目の当たりにして、芸術というものの凄みを感じたのです。

今、イワン・クラムスコイ氏程の芸術活動をしているなんて口が裂けても言えないけれども、音楽を奏でるというそういった活動の端くれに触れたものとしては、芸術かくあるべきだなぁと思ったわけであります。

風邪やインフルエンザが流行っているといいます。どうぞお体に気を付けて1月乗り切って行きましょう!!

1月26日(土)
場所:BAR RISE
新宿区四谷3-2 TEL:03-3351-8368
OPEN:18:00
演奏START(1st)20:30 (2nd)21:30(予定)
Mc:2,000円

This entry was posted in Member Blog. Bookmark the permalink.