梅ブログvol.72

『改良』
皆様こんにちは。​
梅ブログです。​
宜しくお願い致します。​

さて、お題は『改良』​
今回はエレキギターについて。​
おれのギターヒーロー、​
ジミ・ヘンドリックス(ストラト)​
コーネル・デュプリー(テレ改)​
ライ・クーダー(ストラト改)​
エイモス・ギャレット(テレ)​
etc…​
どの方も一発でわかる強烈な個性を持っている。​
サウンドだったり、フレーズだったり、タイム感だったり。​
そして、イメージの強いメインエレキが上記のように、​
フェンダー系のシングルコイルものだったりします。​
コーネル・デュプリーとライ・クーダーはセンターに謎のものがついていますが。​
とにかくおれはシングルの”ギャリッ”とした音が好きみたい。

ここ10年位メインで使っているエレキ、​
貰いもののストラトとテレ、そしてファイヤーバードの3本。​
ファイヤーバードはまあ置いといて、​
ストラトとテレ。​
この2本なのですが、まあ音が固い。​
“ゴリッ”としていて”キャリッ”としている。​
そもそも狙っている音が硬質なのであろうけど、​
とにかく素材からなんから固いもので出来ている印象。​
おれはこの2本を手に入れてから、何とか使いこなそうと努力してきました。​
しかし、ここ一番で出る、”キャァー”とうような悲鳴のような高音。。​
おれがだしたいのはこれじゃあない!​
もっとこう断末魔の叫びのような”ギィヤァァー”て感じ。​
そして”ガリッ”っとしていてどこか”ニャリッ”としている感じ。​
“ニ”ャリッ”って感じ?​
素直にフェンダー使えばいいのに。。​
とか思っているうちに、あれ?っと気付いたことが。​
これもしかして、おれの弾き方とか木の音じゃなくて、​
ブリッジの音じゃねえの?​
確かに分厚い鉄でできた頑丈なブリッジがついている。​
このままの状態で何とかしたいが、、やってみよう!!!​
早速テレのブリッジを、ビス穴の互換性のある標準なタイプに変えてみる。​
すると、​
出るじゃあないですか。​
“ニ”ャリッ”​
うおおおおお!!!​
これこれ!この音だ!​
ついに、ついに!!!​
なんでおれは10年近くこれに気付かなかったんだ、、​
と、10年分の愛がこもった楽器になりましたとさ。​

お気に入り写真館vol.69「素敵」

This entry was posted in Member Blog. Bookmark the permalink.