梅ブログvol.75

『最後の晩餐』

皆様こんにちは。​
梅ブロです。​
宜しくお願い致します。​

さて、今回のお題は、最後の晩餐。​
「皆様、最後の晩餐は何を食べたいですか?」​
よくありがちな質問ですね。​
答えるには自ずと、一番好きな食べ物、​
及び思い出深い食べ物を連想されると思います。​
霜降り肉、寿司、母さんの味噌汁、etc…​

さて、おれもこの質問に答えるべく考えてみます。​
まずは、自分の趣向を掘り下げてみましょう。​
そもそも好き嫌いが多いおれ。​
中でも嫌いなものは、​
梅干し(食べたら吐くレベル)を筆頭に、​
蕎麦(アレルギー)、漬物全般(頑張れば食べられる)、​
牛肉の脂、キュウリ、大葉、シソなど和風の葉っぱなど、ほぼ和食。​
日本人失格モノですね。。

対照的に好きなモノは、​
スパゲッティー、ハンバーグ、コーンスープ​
グリンピースなどの豆類、マッシュポテトなど、ほぼ外来アレンジもの。

成程。​
おれの傾向はこんな感じか。。​
そういえば、外国にいた時も食べ物が合わなかったことがなかったような。​
昔観た映画の中で、囚人イーストウッドが、配膳係の不愛想なおばちゃんに​
投げるように皿に盛られる謎のマッシュポテト風の塊。​
スプーン一本、ワンプレートで完結していて、​
不味いものとして表現されているのだけど、何処か美味そうに見える。​
そしてそれを淡々と食べる、​
あの何とも言えない滲み出る哀愁にあこがれていたっけ。。

まあ、どうやらこんな感じの偏食っぷり。​
勿論和食だって食べるし、好きなモノだって沢山ありますよ。​
ただ、DNAなのか外国かぶれかなんなのか、洋物好きに仕上がっていますね。​

さて、上記のことを踏まえ、​
全ての好きなモノと欲求を満たし、​
おれの気持ちを幸せへと誘う​
究極の最後の晩餐は、、、


「お子様ランチ!」​


と、まあこんな平和なことを考えられることや、​
食べ物の大切さと、有難さに感謝しないといけない今日この頃でした。​

お気に入り写真館vol.72「大は小を兼ねる」

This entry was posted in Member Blog. Bookmark the permalink.