3rdアルバムレビュー「惑星ランプ」篇

今作品『人生ランナー』を創るにあたり、
プロデューサーとして尽力して頂いた鎌田ジョージさんと共作させて頂いた思い入れのある1曲だ。
いつも共作をする時に思う。
詩が先、曲が先、どちらであろうが大きな期待と複雑な寂しさがある。
まるで我が子を里子に出す様な思い!!

だが、可愛い子には旅をさせろである。

今回は詩が先。
ジョージさんに俺の詩を渡す。
作詞には妄想力が爆発する。
こんなメロディーでこの歌詞を〜
サビはこんな感じだよな〜
このフレーズを入れて〜
よもや1曲出来上がってしまうんではないか!?
そんな勢いで描くわけだが、、
『惑星ランプ』に関してはスーパーギタリスト&プロデューサー鎌田ジョージさんを信頼し、全身全霊を込めて全てを委ねてみたわけだ。

“ビール持って行くんで飯食わせて下さい、お願いします!”  状態だ。
これを俗に”まるなげ”とも呼ぶ。ww

可愛い子には旅をさせろである。
齢58歳、近頃では髪も薄くなり髭の白髪も板につき所謂老年を迎えた男が、立派に育てあげた娘を嫁に出す。
『よし、行ってこい。』
嬉しくも寂しい思いである。
その夜は古いアルバムなぞを押入れから取り出し、色褪せた思い出の写真を見ながらウィスキーをちびちびと、、なんてしていたら一筋の、、
『わしゃ、泣いてなぞおらんぞ。』
『今日は少し飲みすぎたようじゃ。』


『こんな感じどうよー!?』デモが届いた!!
そしてイントロを聴いた瞬間からニヤリが止まらなかった。
カッコいい!!
俺が妄想していたメロディー、全部忘れた。笑
これが『惑星ランプ』だ!!
こんな化学反応があるから共作は楽しい!!

そして広島でのライブの本番前に
雨のシトシト降る中でそれを聞いたのを覚えている。

“世界には雨が降る 悲しみを洗い流す様に
世界には風が吹く 喜びを分かち合える様に”
『惑星ランプ』より

平和に願いを込めて

『惑星ランプ』
i Tunes
https://itun.es/jp/Y_Fuhb
KENNEL web shop
https://kennel.official.ec/

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.