3rdアルバムレビュー「歌う衝動」篇

『歌う衝動』

始まりは、オレンジ色に照らされた夜道を車でとばしていた時。

冒頭のギターフレーズが浮かんだのです。

ちょうど鼻歌を歌う様に。

その頃、「歌を歌う」「音楽を奏でる」という事で何ができるのか?と思う事がありました。

「結果」を残さなければ、その行動には意味すら無く、時に無駄な時間だと言われてしまう事もあります。

しかしそんな事はなく、そこにそれが在る事だけで素晴らしいんだという事を言葉にしたいと思い、

この歌を形にする作業が始まりました。

「歌う」という事はみんなに許された特別な行為ですよね?

みんなで思い出の曲を合唱する。

誰かに伝えたい気持ちにメロディーをつけて発声する。

まさにこの曲が出来たきっかけの様に、つい口をついて漏れ出た様な鼻歌。

この世に生を受けた人々が息をする様に自然に行なう、いわば衝動的な行為だと思うのです。

それが存在する事が素晴らしく、愛おしいモノだと感じます。

〈泣きじゃくる子供達は 心から歌っている それだけで それは愛おしい〉

歌う衝動とはそんなモノなのではないか!!!!!

夢をあきらめかけたり、どうしても頑張れなくなってしまう、そんな時に是非この曲を聴いて、

誰しもが生まれ持っている「生きようとする衝動」に気づいてもらえたらと思います。

そうすれば自ずと心の雨は止み、きっと素晴らしい景色に気づく事ができるでしょう。

『歌う衝動』

i Tunes
https://goo.gl/ba8GOn
amazon
https://goo.gl/a1vh86
KENNEL web shop
https://kennel.official.ec/

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.